「みんなの肌潤糖」の使い方は面倒?

お肌がうるおうみんなの肌潤糖。
いいものだからこそ、従来の洗い方とは少し違うようです。
今までジャバジャバ洗っていたのに、少し面倒だなぁ…。
と感じる方もいるかもしれませんが、慣れるとそんなに面倒なものではありません。
むしろお肌がきれいになるのを実感し、毎日のお手入れが楽しみになる火ともたくさんいます。
そんなみんなの肌潤糖。
実際に使い方をご紹介します。

 

まずお肌を石鹸等できれいにして、濡れた状態にします。
スプーン1杯のみんなの肌潤糖を手に取り、同量のぬるま湯でペースト状になるまで馴染ませます。
このとき、少し粒子が残るようにするのがポイント。
くるくるとマッサージするようにお肌に馴染ませ、優しく洗っていきます。
強く押し付けたりするのはやめて、とにかく優しく馴染ませる程度にしましょう。
残っていた粒子がなくなるまで、しっかりと浸透させます。
そして1分ほど放置して、より肌の奥までうるおいを浸透させましょう。
そうすることで、角質層にまでしっかりとうるおいが行き届きます。

 

洗い流すのも、3〜4回すすぐだけで十分です。
あまりすすぎすぎるとせっかくの潤いが逃げてしまうので、すすぎすぎには気をつけましょう。
最後に化粧水や乳液でお肌を整えたら終了です。

 

文字で見ると長くて面倒かもしれませんが、やってみると意外と簡単にできますよ。
手をかける分、お肌がきれいになると思うと頑張れますよね。